dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

「鹿の王」読んだ。面白かったけど、これ鹿が主人公じゃないんだ

上橋菜穂子さんの「鹿の王」を読んだ。


まず、本のタイトルと本の表紙絵に騙された。作者に騙す意図があったわけではなく、僕の勝手な思い込みが原因なんだけど。。てっきり、ジャングル大帝のような動物世界を描いた小説だと思っていた。めちゃくちゃ強くて頭の良い鹿が群れのボスに成り上がって、ライオンとかから一族を守る的な。実際は人間の世界の話だった。年代は、、中世かな?僕は中世のヨーロッパをイメージしながら読んだ。


この物語は、ヴァンという奴隷とホッサルという優秀な医者を中心に展開していく。

ある日、ヴァンが奴隷として働いている鉱山に「犬のような獣」が現れて奴隷たちを襲う。ヴァンは手傷を負うものの、どうにか獣を追い払う。そして獣の襲来から数日後の夜、高熱にうなされたヴァンが目を覚ました時、その鉱山にいた者たちは全て死に絶えていた。

というのが、この物語の始まり。


舞台となっている世界の事が分からず、序盤は読むのに苦労した。人、国、民族、動植物なんかの名前が実在しないカタカナで、その世界独自の風習なんかも出てくるし。それでも、読み進めていくうちに奴隷たちが死んだ原因とこの事件に関わる人たちの思惑が少しずつ明らかになっていくのが面白かった。そして、完全な悪人はあまりいなくて、イヤな人たちの多くが「一見悪い(冷たい)けど、この人の立場だとまあしょうがないんだろうな」と思わせる描写が上手。もちろん、本当に嫌な奴もいるんだけど。


序盤から中盤にかけては物語の世界になかなか慣れる事ができず、しかも物語が核心に迫っている感じがしないのでイライラしながら読んでいたけど(ただし、ユナという女の幼子については、成長した自分の娘と重ねてほっこりした気持ちで見守っていた)、「解決に向かって動き出した!」と感じてからは面白くなって一気に読み進める事ができた。


この本は2015年に本屋大賞を受賞しているらしい。本屋で平積みになっていたのを覚えている。ただ、作者の名前は聞いた事がなかった。wikipediaを読んでみると「児童文学作家、ファンタジー作家、SF作家、文化人類学者」とある。なるほど、ストーリー全体を包み込む優しい雰囲気は児童文学からきているのか。やたらと地方の風習・風俗の描写が詳しいのは文化人類学者だからか。物語の舞台が中世ヨーロッパっぽかったのもファンタジーと聞いて納得。


後書きに「書き上げるまでには、三年もかかりました」と書いてある。この作品に専念しての3年間なのかはわからないけど、専念してだとしたらずいぶん時間かけてるなぁと驚き。それとも、このボリュームの小説だとそのぐらいかかるのは普通なのかな?

娘、産まれて初めての発熱を経験する

もうブログはほとんど更新していない状態だけど、そんな事とは関係なく、7月に産まれた娘はすくすくと成長している。


平日の朝は、時間があれば出社前に娘に構ってもらってから僕は家を出る。「時間があれば」というのは僕のではなく娘の事情で、彼女の起きる時間に左右される。(娘が)早く起きたときは30分くらい時間があるけど、起きない時は家を出る直前に軽く抱っこができるくらい。


今日の娘は早起きだったけど、僕がとても眠かった。ので、手足をバタバタさせてご機嫌な娘の隣で仮眠をとる事にした(我が家は僕だけ寝る場所が別)。娘のウェッティーな左こぶしが、僕の顔にびしびし当たる。左手をしゃぶる癖がついてしまい、左手が濡れている事はよくある。が、僕の方に構う元気がないので、濡れ手で殴られるままにしておく。「今日も機嫌良いな~この子は」と思いながら。


そろそろ起きようと思い、離れる前に一度抱っこをしようとした時に気が付いた。「おや、右手も濡れている?」と。右手、結構濡れてた。右手がこんなになるまでしゃぶるのを見た事がない。ここで「これヨダレじゃないんじゃないか」という疑いを持つ。ヨダレ以外で濡れるとしたら汗ぐらいだけど、汗でここまでびちゃびちゃにはならない。ちょっと考えて、足の裏を触る。足の裏もびっちょびちょ。「これ汗?こんなに出るの汗?夜中に厚着させ過ぎた?」と、焦りだす僕。でも、張本人はニコニコしていて脱水症状の様子はない。素人判断だけど。そして、、顔が熱い、、気がする。久しぶりに自分で娘の体温を測ってみると、、38.2度。平熱は37度なのに。でも本人はニッコニコ。オヤジ(=僕)はこの状況が理解できてない。とりあえず、風呂に入っている奥さんに報告。


風呂から出た奥さんが熱を測っても、やっぱり安定の38度越え。娘はかわらず笑顔。可愛い。急にどうしたんだろうと思ったけれど、原因は案外すぐに見当がついた。昨日のワクチンだ。ググってみたら、ワクチンを打った次の日に熱を出す赤ちゃんは結構多いらしい(by奥さん)。まあニコニコしているし大丈夫だろうと、僕は出社することに。「何かあったら連絡ちょうだい」とだけ言って家を出た。10分後に奥さんからLINE。僕が出てすぐ娘がギャン泣きを始めたらしい。ミルクを上げようとしても、号泣+エビ反りで全く飲もうとしない。たった10分で何が・・。


奥さんの迅速な判断ですぐにクリニックへ電話をして、2時間後の予約を取った。その後に何度かきた連絡を纏めると、結局ギャン泣きしながらなんとかいつも通りの量のミルクは飲んだ。飲んだら落ち着いたのかおとなしくなった。熱も少し下がった。病院に行ったら、やっぱりワクチンの次の日に熱を出す赤ちゃんは多いと言われた。特に、今回のうちのように2回目以降のワクチンを受けた後が多い。なんでも、すでに前回のワクチンで抗体ができているため、体が抵抗して熱を出してしまうのだそう。


その後、日中は小康状態が続き、定時上がりの僕が帰宅した時もニコニコな娘。今日はお風呂に入れないでそのまま寝かせようか、と話をしていた時に、娘の容態急変。ギャン泣き。一時期37度台前半まで落ち着いた熱が、再び38度越え。僕が抱っこするとしばらくは機嫌がよくなるけど、そのうちに泣き始める。娘は僕の縦抱っこが大好きで、抱っこの最中に泣くなんて普段はまずないのに。僕が抱っこと布団に転がす事を何度か繰り返している間、奥さんにミルクを作ってもらう。そして、ギャン泣きの娘に二人掛かりで少しずつミルクを飲ませる。そのうち目がトロンとしてきてようやくリトルモンスター就寝。それが2時間半前の出来事。

 

このままいつも通りの朝を迎える事ができるよう、ベビーモニターを見ながらオトーチャンは祈るのでした。

村上春樹はねちっこそうだと

https://matome.naver.jp/m/odai/2146401785375858501

 

奥さんからラインでこのリンクが送られてきて「村上春樹って読んだこと無いけどねちっこそうな人だね 笑」って言われたけど、あなたの旦那はこのねちっこい人の小説はだいたい読んでるしあなたの旦那のKindleにはこのねちっこい人の本が何冊か入ってるしあなたの旦那の机の上には先週図書館で借りたこのねちっこい人の本(職業としての小説家)が置いてあるんだよ、って、心の中でねちっこく思った。

 

だから、彼女の意見はたぶん正しい。

寝不足で外出。。

平日の前日の夜は僕一人だけど次の日が休みの場合は親子三人同じ部屋で寝る、というルールが最近我が家にできた(今までは平日週末問わず僕は別室で寝ていた)。生後一か月半の子供と一緒の空間で寝ていると、当然夜中に起こされる。そして次の日は寝不足になる。そんな状態で迎えた日曜日の今日、午前中は自分メインで子供の面倒を見る代わりに、午後は奥さんに子供を見てもらい、一人で錦糸町のジャズフェスティバルへ行った。特にジャズが好きなわけでもジャズに詳しいわけでもないけど、まあいい気晴らしになるかなと思って。無料だったし。


街全体がジャズジャズしてるのかと思ったけど、メイン会場の錦糸公園以外は思っていた程ではなかった。錦糸町はジャズにゆかりのある土地というわけではなさそうだし、日本でジャズってそんなに流行っているわけでもないので、このくらいの規模が妥当なのかな。比べるのが間違えているのはわかっているんだけど、昔、観光で行ったニューオーリンズバーボンストリートみたいな景色をどこかで期待していたのかもしれない。


気を取り直して、まずはメインの禁止公園へ向かう。錦糸公園にはステージが2つあった。手前側と奥側。手前、良かった。元気いっぱいで「のってるかーい!」みたいなノリで。奥。ここがメイン会場のメインステージっぽい。凄い人。メインステージの演奏者はなんか歌を歌ってた。演奏者じゃないですね歌手ですね。これ聞いた事あるぞと思ったらガンダーラ。なんでジャズの祭りでガンダーラ?と思ったら、歌ってる人、ゴダイゴのメインボーカルでした。ご本人。それにしても、、ジャズの祭りでガンダーラか。。多分ジャズ風にアレンジしてたんだろうけど(←ゴダイゴのボーカルって知ったら興味なくしてちゃんと聞かなかった)、なんか違うような。。


ガンダーラの方は早々に切り上げて「のってるかーい」の方に行ったら演奏終わってた。残念。次のバンドの演奏開始まで時間があったので、一度公園を出て他の演奏を聴いて周った。全体的にどの演奏も良かった。問題は僕の体力で、寝不足のせいかちょっと歩いただけで疲れてしょうがない。錦糸公園に戻ってきた時には眠いような気分悪いような状態で、ビールを飲む元気すらなかった。しょうがないので休憩がてら、遠くでジャズを聴きながら公園のベンチに座って本を読んでた。そしたら今度は猛烈に眠くなってしまい、やむを得ず滞在時間一時間ほどで帰宅。全然消化不足で何しに行ったのかよくわからなかった。。


ビニールシートがあれば、その上で横になって本読んだり昼寝したりできたのに。ああいうイベントではビニールシート必須という事を学んだ。そんな錦糸町ジャズフェスティバル初体験。会場の数はともかく、のんびり音楽を聴ける環境は良かったので、今度はビニールシートをもって親子三人で行きたいな。

子供ができてからの不安~~僕の給与は低い

先日、「40歳年収「全国ワースト500社」ランキング」という記事を読んだ。

toyokeizai.net


約2年後に40歳を迎える僕のお給料は、まあ普通にワースト500に入ってました。弊社の平均年収は知らないけれど、少なくとも僕の給与は上場企業だとワーストに入るらしい。うちは上場してないし、ほぼ残業がないに等しい事を考えるとしょうがないのかなとも思う。それと同時に、「俺、東京23区に住んでるんだけど"全国"のワースト500の給与で良いのか?」という不安もある。


子供が産まれて、給与に対する不満が一気に膨らんだ。自分の中で、今一番大きな悩みかもしれない。仕事を頑張ってお給料を上げてもらいたいところだけれど、そもそも企業文化として残業が良しとされない。プラス、家には奥さんと生後1カ月半の娘がおり、奥さんにはできるだけ早く帰ってきて欲しいと言われている。なので残業はできない。そして、仕事ができないタイプなので質で勝負もできない。困る。


今はいわゆる「仕事はできないけれどヤル気はある」状態で、組織にとっては一番迷惑なタイプだと思う。どうしよう?会社に内緒で副業でもしようか?と思い、こっそり副業ネタをググった事もあるけれどやれそうなのがない。株は細々と続けてるけど、やっぱりあれは博打だなぁというのが僕の感想で、収益を保証するものではないので副業には位置づけられない。


「プログラミングできるならいくらでも副業できそうじゃん。クラウドソーシング使ったりスマホアプリ作ったり。」と言われることもあるけれど、いざ当事者の立場で調べてみると、意外と副業に生かせないんですよプログラミングスキルって。。

 

夜中の1時半に子供がぐずって起きてから、その事を考えて眠れない。もう朝の5時。焼酎(ロック)を飲みながらこれを書いてます。サラリーマンやってるオヤジ達の何割ぐらいがこういう悩みを抱えているんだろう。

パソコンでタイピングするよりもスマホでフリックの方が良いという人達

パソコンでタイピングするよりもスマホフリック入力する方が楽だという若者がいるという都市伝説を聞いて久しい。大学の論文をスマホで書く猛者もいるという、嘘か本当かわからない話を聞いた事もある。


実際、フリックは慣れると大分入力しやすい。僕も時々、結構な長文ブログの作成をスマホだけで完結させることがある。


ただそれは、近くにパソコンがない場合に限る。パソコンを使える環境ならスマホよりもパソコンを選ぶ。スマホで論文を書き上げる若者の話を聞いた時に「最先端のツールを使いこなす人であり、テクノロジー分野では彼らのやる事が正しい」という思いが正直あった。が、今思うと、論文を作成するのにパソコンを使用しない人というのは、フリック入力が得意だという事以上にPCでのタイピングが苦手なだけではないか?


そう考えると、エンジニアとして仕事をしている時はパソコンを使い、プライベートではスマホをメインデバイスとしている自分は、使えるツールの幅が広いという意味で今の若い人達よりも恵まれた立場にいるのかもしれない。


ITの世界は若い事が正義という風潮があるけれど(アイドル業界と同じですね)、流されないように気を付けよう。

ハハ、遠方より来たる。娘に会いに

奥さんと娘が退院して早一ヶ月が過ぎ、僕は在宅勤務から職場勤務へと戻った。


確かに、子持ち歴一ヶ月を越えた我々には今余裕がある。娘を我が家に迎え入れた当初は、まさに暗中模索。今にも消え去りそうな松明を片手に洞窟を突き進むする、ドラクエ1の勇者のように不安だった。


でも今は違う。
奥さんと比べると育児レベルが低いといわざるを得ない僕だけど、娘をあやすことも寝かしつけることもミルクを作って飲ませることもオムツを変えることもできる。もし、奥さんが丸一日家を空けて泊まりになったとして、一人で子守をやりきる自信はある。


その程度の自信はあっても、平日に友達と外で会いたいという奥さんの希望は、今の僕には叶えられない。会社に行かないといけないから。なので呼びました、僕の母を。奥さんからしたら姑の立場にある人を。


早とちりをして、だめな夫だと叩く人がいるかもしれない。けど、言い出したのは奥さんで、僕の預かり知らぬところで日時を調整したのも奥さん。まさか、直接姑とラインで会話するとは。。実の息子の僕も、母親とラインなんてしないのに。。


といういきさつで、今日、母がきた。電車を乗り継ぎ片道三時間かけて。こちらの都合で呼んだので交通費を渡すつもりだったんだけど、ものすごく拒否されたらしい。朝の九時半から午前中いっぱいは奥さんと二人で娘を見て、午後は三時間ほど、一人で子守してもらった。赤ん坊の面倒なんて30年以上見てないはずだからとても不安だったけど、ちゃんとやってくれたらしい。よかったよかった。


娘を切望していたらしい母親は(僕の兄弟は弟だけ)女の子の孫が可愛くてしょうがないらしく、来月また来たい的な事を言っているらしい。奥さん的にはウェルカムらしいけど、親と距離を置きたい僕としては複雑。。そして、僕が小さい頃にやらかした話を母親が奥さんに話したらしく、そういう意味でも頻繁に来られるのは微妙。。


それでも、友達と外で会えてリフレッシュできた奥さんと、孫に会えて嬉しいであろう母親と、いつも通り飲んで出して喚いて寝ていた娘の事を考えると、僕の一人負けではあるもののおおむね平和な一日でした。


いつか、奥さんと娘と母親の女三人で旅行に行きましょうと奥さんが提案したらしく、それは本当にやめてほしい。嫁姑の関係にひびが入ったら、とばっちりを受けるのはこっちなんだぞ。。