dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

村上春樹はねちっこそうだと

https://matome.naver.jp/m/odai/2146401785375858501 奥さんからラインでこのリンクが送られてきて「村上春樹って読んだこと無いけどねちっこそうな人だね 笑」って言われたけど、あなたの旦那はこのねちっこい人の小説はだいたい読んでるしあなたの旦那のK…

寝不足で外出。。

平日の前日の夜は僕一人だけど次の日が休みの場合は親子三人同じ部屋で寝る、というルールが最近我が家にできた(今までは平日週末問わず僕は別室で寝ていた)。生後一か月半の子供と一緒の空間で寝ていると、当然夜中に起こされる。そして次の日は寝不足にな…

子供ができてからの不安~~僕の給与は低い

先日、「40歳年収「全国ワースト500社」ランキング」という記事を読んだ。 toyokeizai.net 約2年後に40歳を迎える僕のお給料は、まあ普通にワースト500に入ってました。弊社の平均年収は知らないけれど、少なくとも僕の給与は上場企業だとワーストに入るらしい…

パソコンでタイピングするよりもスマホでフリックの方が良いという人達

パソコンでタイピングするよりもスマホでフリック入力する方が楽だという若者がいるという都市伝説を聞いて久しい。大学の論文をスマホで書く猛者もいるという、嘘か本当かわからない話を聞いた事もある。 実際、フリックは慣れると大分入力しやすい。僕も時…

ハハ、遠方より来たる。娘に会いに

奥さんと娘が退院して早一ヶ月が過ぎ、僕は在宅勤務から職場勤務へと戻った。 確かに、子持ち歴一ヶ月を越えた我々には今余裕がある。娘を我が家に迎え入れた当初は、まさに暗中模索。今にも消え去りそうな松明を片手に洞窟を突き進むする、ドラクエ1の勇者…

娘、生後一カ月。新米オヤジ戸惑う

娘、生誕一カ月。いつまにか新生児を卒業していた。感無量。子供や赤ん坊という存在には興味がなかった僕だけど(嫌いなんじゃなくて関心がなかった)、「我が子」となると自分でも不思議なぐらい可愛く思える(正直自分の子供、という実感はまだわかない。奥さ…

人より頑張っているのに「お前は頑張りが足りない」と言われる世界

それはどういう世界かというと、自分が苦手な分野で頑張らないといけない世界。例えばディスレクシアという障害。知能には問題がないのに文字の読み書きができないらしい。この障害を持っている人は、どんなに努力をしても読み書きが苦手なので(改善はされる…

『下町ロケット2 ガウディ計画』を読んだ。適度な緊張感があって良かった。買おうかな

下町ロケット2を図書館で借りた。少し前のベストセラーを無料で読める図書館は素晴らしい。という、いつもの図書館愛を表してから本題に入ります。 前作の下町ロケットと比べてどうだったかを書くために感想文を探したんだけど、見つからなかった。どうやら…

奥さんが出産した。我々はついに、子持ち夫婦となってしまった(その1)

長くて長い十月十日を経て、子供がついに腹から出てきた。つまり出産。戸籍上の手続きはまだだけど、これで僕は生まれて初めて父親になり、奥さんは母親になった。超手探りで育てて行く事を考えると、今からとても身の引き締まる思いだ。 ところで、ブログを…

奥さんが出産した。我々はついに、子持ち夫婦となってしまった(その2)

※この文章は1カ月前の記憶を掘りおこしながら書いているため、ところどころ描写があいまいです そして迎えた朝。お腹が張る頻度は相変わらず高いんだけど、陣痛が進んでいる感じがしない。痛みも、今までに比べると全然辛いらしいけど、特に進行しているわけ…

これも本陣痛じゃないのか。。

爽やかとは真逆の月曜日の朝を迎えた。 昨夜は10時半ごろ布団に入った。週末の終わりを憂いつつも速攻で夢の中へ入った一時間後、奥さんに起こされる。お腹が10分間隔で張っているらしい。そして、その状態が一時間続いているらしい。出血もしているらしい。…

『一投に賭ける』読んだ。無頼派なやり投げ選手お話。この人スゲーよ

www.amazon.co.jp 「やり投げ」という体の小さい日本人には絶対的に不利な競技で、1989年に世界記録までわずか6センチというとんでもない記録を出した男、溝口和洋さんの話。自伝ではなく、上原善広さんというドキュメンタリー作家が、本人への18年間にも及…

出産予定日まで残りわずか。奥さんと散歩に行ってきた

出産予定日まで残り数日。お腹の張りはあるしおしるしも来たけれど、まだ産まれそうにない。赤ん坊を下へ下へと動かすために、ここ数日は奥さんと二人でマンションの階段を上り下りしたりしている。今日は僕が休みだから、二人で2時間ほど散歩をしてきた。久…

旦那デスノート、今更読んでみたけど叩かれるようなサイトじゃなかった

今更だけど、旦那デスノートを読んでみた。言葉づかいは相当悪いけど、愚痴りたくなるよなこれはという内容が多い。というか、内容の正当性はどうでもよくて、こういう黒すぎてリアルでは吐けないものを受け止めてくれる場所をネットに求めるのは自然だと思…

もう六月終わるんだけど。。子供は・・?

二週間前の今日、定期診断で「いつ産まれてもおかしくない。六月中には産まれますよ」と言われたらしい奥さん。その日から「あまり早いと心配だからできるだけ長くお腹にいて欲しいね」「もう正産期入ってるんだから大丈夫だよ」というやりとりを夫婦間で繰…

結局出産予定日を過ぎるのか…?

相変わらず、奥さんのお腹の中で元気いっぱいの我が子。そろそろ出産予定日なんだけど、本当に産まれるのかこれ?一生体内に居続けるじゃないか? 37週の時、医者にそろそろだ的な事を言われて前駆陣痛も経験し「第一子って予定日より遅くなるっていうけどう…

なんだよkindleで買わなくても図書館に本あんじゃん

小遣いのやりくりに四苦八苦している割に、kindleのタイムセール品を眺めるのが好き。欲しいのがあればもちろん買う。 セール情報は、このキンセリってところで探すことが多い。もしくはイケダハヤトさんのブログ。 今日は、KADOKAWAの書籍がkindleだと紙よ…

前駆陣痛と本陣通、、その時が来たらホントに違いがわかるの?

昨日の夜、奥さんが前駆陣痛と思われる何かを経験した。7~8分感覚でお腹の張りを繰り返し、痛みもあったらしい。「いよいよ来たのか?」と、心の準備をしていたけれど(男はそれぐらいしかやることがない)、一時間以上経ったところで症状がピタっと治まっ…

「あれ、胎動がない?」と奥さんに言われて焦った

我が家もいよいよ生産期に入り、子供がいつ産まれても良い状態。そんなある休日の朝、寝起きで奥さんに言われた一言。「なんか、赤ちゃんがいつもより全然動かない」。 !? 確か、その時は朝の6時半。休日なので二度寝する気満々だったけど、一気に目が覚めた…

「貧乏はお金持ち」を読んだ。難しくてよくわからなかった。。

橘玲さんの「貧乏はお金持ち」を読んだ。タイトルだけ見ると自己啓発系かなと思うけど、内容は一人会社(本書では『マイクロ法人』と呼ばれている)を勧めるものだった。本の後半にはバランスシートなど会計の説明も出てきて、正直、僕の頭ではこの本を理解す…

(続)いよいよ生産期に入ったけど、父親になるイメージが全く湧かない

ついさっき更新したブログで、子供を育てる自信がない的な事を書いた。子育ての心配はもちろんある。けど、僕には他に大きな心配事がある。なんかゲスいから口に出さないようにしていたけど。自分でも気づいていないふりをしていたけど。でも、どーせ匿名ブ…

いよいよ生産期に入ったけど、父親になるイメージが全く湧かない

※生産期というのは赤ん坊がいつ産まれてもおかしくない時期で、臨月の翌週から始まる。我が家もついにこの期間に突入しました 10分くらい前からものすごい勢いで泣き続けている近所の赤ん坊の声を聞いて、「ああ、俺ももう少ししたらあれをあやす側に周るん…

歳をとると悩まないんじゃなくて悩めなくなる

若いうちは色んな事で良く悩んでいた。僕は典型的なA型なので、特によく悩んでいた(自称)。そしてアラフォーになった今、昔と比べると確かに悩むことは少なくなった。でもそれは、別に賢くなったからではない。人生経験だって、僕に限って言うと大して役に立…

「あ、技術力を磨くのは諦めよう」と思ったら、なんだか妙にすっきりした

プログラマでもSEでも良いけど、そういった職種についている以上「技術力」は必要不可欠なもので、その技術力が中の下である自分は将来の事を考えると不安を感じる。30代後半という年代は、マネージャーorプレイングマネージャーである事が一般的。僕のよう…

「イマドキ20代が余暇を優先する理由」という記事を読んで

記事の正確なタイトルは『「休めないなら辞めます」イマドキ20代が余暇を優先する理由』。で、記事はこれ。 https://dot.asahi.com/wa/2017060200048.html 知り合いの20代後半の知人に、記事で紹介されているエピソードについてどう思うか聞いてみた。そのエ…

インスタで身バレを怖がっていた僕は頭の固いおっさんなのかもしれない

ブログ(これ)とFBとtwitterとインスタをやっている。FBは実名だけど友達以外は見れないようにしているから問題ないとして、ブログとツイッターとインスタは身バレに気を付けている。身バレにつながりそうな情報は嘘を交えたりもしている。これはFB上陸前か…

月曜なので、恒例のサザエさん症候群の振り返り

昨日の夜、「今日はこのまま気持ちよく寝れそうだ」的な事をブログに書いた。結果はどうだったかというと、あのまま気持ちよく寝れた。眠くて眠くて、図書館で借りた本にほとんど目を通すことができなかった。それでいい。日曜の夜を気持ちよく過ごせたこと…

日曜なので、恒例のサザエさん症候群の話

日曜のお約束になりつつあるけど、今日も自分が悩まされているサザエさん症候群的な状況との戦いの記録。ちなみに、今は夜9時半前だけど、いつもと違って平常心でいる事ができている。もしかしたら、ここ数時間の行動に打倒サザエさんのヒントがあるのかもし…

やっぱり都会住まいの方が良い

ふと、「自分は東京住まいで本当に良かった」と思う時がある。 高校を卒業するまでは関東の片田舎で育ったんだけど、都会なんか絶対に行きたくないと当時は思っていた。人がムダに多いし空気も汚いし周りの人は冷たいし、そんな汚い世界とは関わりたくなかっ…

結婚をするとどうしても持ち家論争からは逃げられないのか

「本は買って読め。家は借りて住め。」は古いんだろう。それと同じように、「結婚したら子供を作って家を買おう」も古いと思ってる。でも、ふと周りを見渡すと、同年代の多くの既婚者は(例え子供はいなくても)家を買っている。僕は、家を買う事に対しては一…