読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっと、パソコンでもLINEが使えました

it

昼間っからビール飲んで酔っ払っている良いご身分です。 大分昔、パソコンに詳しい知人に「LINEってパソコンでもできるんだよ」と教えてもらったのを酔った勢いで思い出したので、試してみたら酔っ払いでも簡単にできた。 まずはアプリをパソコンにインスト…

最近読みまくり始めたマンガの中で面白かったものを上げる

もしかしたら前にも書いたかもしれないけど、最近マンガを読み漁っている。週末にはコミック6冊をレンタルしていて、それプラス不定期にkindleの無料コミック読む。レンタルの6冊は、日曜の夜のサザエさん症候群対策でもある。基本的には、kindle無料本やレ…

適材適所。土方も警備員もやりたくない

数年前にサラリーマンを辞めて、貯金を食いつぶしながらニートをやっていたことがある。が、貯金はあっという間に底をつき、仕方がないのでアルバイトをした。時間の融通がきくという理由で選んだのが警備員の仕事。とにかく給料が安くて大変だった。毎日、…

「一瞬で愛される技術 ~リアルのび太と呼ばれた世界一ドジな男が(略)」読み始めた。そして途中で読むのをやめた

サブタイトルは「リアルのび太と呼ばれた世界一ドジな男が手に入れた「禁断の人心掌握術」」。普段、自己啓発本を読まない僕がこの本を選んだ理由。 ・Kindleプライム会員なら無料で読むことができた・自己啓発やビジネス書も毛嫌いせずに読んでみようと思い…

スネ夫タイプは一定の需要があるらしい

この間、仕事帰りの電車に乗っていた時の話。明らかサラリーマンな恰好で、おそらく上司と部下の関係にあると思われる2人組が話をしていた。盗み聞きをする気はなかったんだけど、なかなか声が大きいので嫌でも会話の内容が耳に入ってくる。で、部下(仮)が上…

気分がダウンしてる時に気晴らしする方法を知っている人はどれくらいいるのか?僕は知らない

主に仕事の関係で、モーレツに気分が下がっていた。体調も崩した。そして、プライベートも無気力になった。本を読む気になれず、写真も撮らなかった。「ある意味、自分が本当に楽しめる事を見つけるいいチャンスかもしれない」と無理やりポジティブにとらえ…

自分がコツコツ続けられるタイプかは、ブログをやってみるとわかるかもしれない

モノを書くのが好きなんです!っていう人は一定数存在するし、どんなグループでも1人は見かける。そういう人は除くとして、文章を書く事が苦手な人や特に興味のない人、そういう人たちはブログを初めてみると良い。「絶対毎日続けるぞ!」という強い気持ちを…

残業をすると損をした気になる。けど実際は特に損をしていない。その事に焦る。

数日ぶりに残業をした。もともと、今の会社を選ぶにあたって僕と奥さんで大事にしたのは「時間」。つまり、年収よりは残業が少ない事を重視した。なので、希望年収は低かったし実際に提示された年収も低かったけど、まあ残業が多くないので労働環境はそこそ…

公園のベンチでノートパソコンからブログを更新するというアレな事をしてみる

タイトルの「アレ」というのは「イタい」に置き換えてくれて良いです。 昼から奥さんと出かける約束をしているんだけど、それまで暇だから近所のカフェで一人で時間を潰していた。12時くらいに出かけようって話だったから、朝の10時から約2時間、そこでブロ…

サザエさん症候群の対策を僕らは真剣に考えた方が良いのかもしれない

仕事が楽しくない人たちにとって、金曜日の解放感と必ずセットでついてくるのが日曜日の憂鬱。通称「サザエさん症候群」。このネーミング考えた人うまいなー。こいつは結構厄介で、せっかくの休暇中である日曜の夜の気分を台無しにし(場合によっては日曜日の…

ヒカキンというユーチューバーな人は、僕が子供の頃の高橋名人みたいなものなのか?

まずはこの動画を見ていただきたい。 www.youtube.com いや、もしあなたが中学生以上ならやっぱり見ないで下さい。まず、間違いなく面白いと感じる事はないんで。 うちの会社は副業ダメだけど、会社に依存するのは怖いからどんな副業があるのかを調べてみた…

イケダハヤトさんの「家庭がコミュニケーション欲を満たしてくれる」という考えはなかったなぁ

www.ikedahayato.com たびたび炎上を起こしてはSNS界隈を賑わせているイケダハヤトさんが、ブログでこんな事を言っていた。(正確には、自身がツイッターでつぶやた内容をブログで紹介していた) 人間には一定の「コミュニケーション欲」があるんです。うまく…

今日の読書会で、大宇宙ひとりぼっちだった話を書く

知らない人ばかりの集まりでは、たいてい大宇宙ひとりぼっちになる。そして今回もご多分に漏れず、読書会という舞台でしっかりとボチってきた。ネタにでもしないと昼間の自分が浮かばれないので、あの経験をここに書き留めておく。 初めに断っておくと、決し…

『ワセダ三畳青春記』読んだ。バブルからバブル後の間フリーターだった人のドタバタ日常劇。へぇ~。

著者は高野秀行さん。早稲田大学在籍時を含め30歳を過ぎるまで住んでいたおんぼろアパート「野々村荘」でのドタバタな日常を描いた話。アパートの住人や大家のおばちゃん、それに筆者が所属していた探検部の仲間たちがユニークというか変人というかで、頭を…

「その女アレックス」読んだ。これは面白い。ぶらぼー!

※ネタバレなし いやー、面白かった!国内のミステリー大賞を総なめにしたらしいけど、納得の出来。素晴らしい! ピエール・ルメートルさんの書いた本作は、「悲しみのイレーヌ」に続くカミーユ警部シリーズの第2弾。前作は、良い意味で自分が予想もしていな…

ブログ運営の裏話なんてつまらないだろうけど書く。1日のアクセス数が10数回の弱小サイトだけど書く

ネタと文才さえあれば毎日でも更新したいこのブログだけど、あいにく、ネタも文才もないので不定期に恐る恐る更新しているわけです。ここを見てくれる人は、一日延べ10数人(四捨五入すると20)。もう少し正確に言うと、見てくれている人というのはPV(ページビ…

詳細は書かないけど、きょう会社で悲しいことがあったことを記録として残したい

今日、会社で悲しいことがあった。初めは「イヤなことがあった」と書こうかと思ったけど、「悲しいこと」に直した。イヤとはちょっと違うな、と思ったから。ただ、「悲しい」という単語が適切なのかもよくわからない。とにかく、そういう、自分にとってネガ…

「禅マインド ビギナーズ・マインド」読んだ。「ビギナー」と銘打ってるけどビギナーの自分にはさっぱり

www.amazon.co.jp なんか、アメリカに渡って禅を広めた日本人が書いた本みたいです。あれ?その弟子が師匠の事を書いた本だったかな?まあどっちでもいいです。というか、どうでもいいです。内容がちんぷんかんぷんだったので。kindle本で読みましたが20%で…

中年のおっさんは仕事にやりがいを感じなくなって、毎日をつまらないと感じるようになるらしい

nikkan-spa.jp まあ、SPA!の記事なんですけど。タイトルからして、記事の内容は↓を想像していました。1. 中年おっさんは結婚や子育てで自由に使える金が減る2. 遊びが限られる (飲み歩きもできなくなる)3. だからつまらない 正直、気持ちはわからなくもない…

村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」読んだ。村上春樹の文体に抵抗ない人にはお勧め

村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」を読みました、、という感想文を先日書いたつもりだったのですが、上がっていない事に先ほど気づき、今あわてて書いています。書こう書こうと思いつつ放置していたみたいです。 30代の頃から走り始…

「ウォール街のランダム・ウォーカー」「臆病者のための株入門」を読んだ。未来は予測できない事を前提とした投資方法

バートン・マルキールさんの「ウォール街のランダム・ウォーカー」第10版と、橘玲(たちばな あきら)さんの「臆病者のための株入門」を読みました。どちらも「株の動きなんて予想できないんだからインデックスファンド買っとけ」という立場の人のようです。「…

「週末ちょいちょいカフェでパソコンいじってます」って人は、格安SIM+Amazonプライムでちょっとだけ快適になるかもしれない

it

まさに今、僕がやっているスタイルです。 格安SIMとは簡単に言うと、「普通のスマホより通信料+通話料が安いけど、その分繋がりにくい地域が多かったり速度もちょっと遅くなりますよ」というサービスです。Amazonプライムというのは、「年間3900円払って有…

「悲しみのイレーヌ」読んだ。この人の作品は合わないと思っていたけど、後半一気に引き込まれた!

著者はピエール・ルメートルさん。ピエールさんの作品は「その女アレックス」がめちゃめちゃ評価されたそうです。 ・「このミステリーがすごい!2015」の海外部門第1位・「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第1位・「ミステリが読みたい!」海外編第1位…

「一理ある」差別はたちが悪い。「おばさんたちはインスタグラムに来ないで」という投稿をいまさら蒸し返す

数か月前にボヤ騒ぎ程度に炎上したらしいこの騒動について、今更ながら触れてみます。いや、このニュースはほぼリアルタイムで知っていたんですけど、そのうち書こうと思いつつ、ここまで引き延ばしてしまいました。怠慢です。 このニュースを初めに知ったと…

「平気でうそをつく人たち」読んだ。うそをつくってそういう意味かー

www.amazon.co.jp 著者はM・スコット・ペックさん。ハーバードで修士学修め、ケース・ウェスタン・リザーブ大学というところで医学博士号を取っているそうです。で、そのあとベトナム戦争で、米軍の精神科医として勤務していた経歴があります。本書は、精神…

「「Chikirinの日記」の育て方」読んだ。僕はこの本好きだけど読者を選ぶな~。

www.amazon.co.jp 著者は、ネット界の超有名人Chikirinさん。おちゃらけ社会派ブロガーを自任しており、確かにブログの文体は柔らかいのですが、内容は濃い~です。濃すぎて(そして長すぎて)、僕はたまにざっと流し読みする程度ですけど、好きですちきりんさ…

「執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣」読んだ。う~ん。。

www.amazon.co.jp 著者は新井直之さん。長年、大富豪の執事を務めており、自身も日本バトラー&コンシェルジュ株式会社という会社(会社名から察するに、おそらく執事の派遣会社)の社長さんです。本書は、著者が執事という仕事を通して発見した、成功者に共通…

「遅読書家のための読書術」読んだ。目新しさはなかったけど、実行してみようかなと思えた

www.amazon.co.jp 印南 敦史さん著「遅読家のための読書術」を読みました。著者は、元々遅読家で「1ページ読むのに5分」かかっていたのですが 僕はいま書評家として「ライフハッカー[日本版]」「ニューズウィーク日本版」など複数の情報サイトに、月60本近く…

「聖書を読む」読んだ。退屈な解説書かと思ったら全然面白い!

まずは、この本を選んだいくつかのしょーもない理由を説明します。第一の理由は見た事ある表紙だったから。この本は、股間を隠した男女(女はおっぱいも。乳首隠れてないけど)の絵が表紙を飾っているわけですが、インパクトがあってなんとなく覚えていました…

「今年の新人は・・・」と言っている人達へ。新人の文句を言う前に自分の事を本気で恥じたらいかがでしょうか?

「あいつは使えない」とか「あいつはできない」と文句を言ったり愚痴るのは嫌いですし、誰かがそう言っているのを聞くのも嫌いです(きっと僕が言われる立場の人間だから・・・)。同じように、「今年の新人は・・・」とか「今どきの若者は・・・」という言葉…

リュックで電車通勤は意外とめんどい

うちの会社はスーツ勤務なのですが、スーツにリュックって結構いけるものなのかな?と思って試してみました。今使っている通勤かばん(手で持つタイプ)をそろそろ変えようと思っていたので、リュックの使い心地が良ければ、通勤用リュックを使ってみようと思…

目の前にPCがあるのにスマホでニュースを読むということ

天気の良い土曜日の朝です。 起きて部屋をちょっとだけ片づけて、ジョギングをしてシャワーを浴びて洗濯をして食器を洗って布団を干して。気持ち悪いぐらい健康的な休日の午前中を送っています。仕事のない土曜日の午前中は、大体こんな感じで始まります。さ…

月20時間の残業って多くありません??

月の残業時間が20時間ってホワイトなイメージですけど(実際にホワイトなんでしょうけど)、改めて考えると結構しんどくないですか? 試しに、1時間残業した場合の1日のタイムスケジュールをざっくり作ってみました。通勤に片道1時間(ドアトゥードア)かかり、睡…

「普通じゃない」人たちがネット上で目立つのは普通な人たちが大多数を占めるからなわけで

我ながら今日のタイトルは意味不明ですね。そもそも、ある集団の多数派が「普通」と呼ばれるわけなので、「普通な人たちが大多数を占める」のはとっても当たり前です。当たり前なんですけど、今回のエントリーのタイトルとしては、この言い回しがふさわしい…

家で一人飲みして酔っ払って一人でミスチルを歌っているわけですが

晩酌でウィスキーをストレートでたしなむのが日課なのですが、明日から仕事があるというプレッシャーのせいか、飲みすぎてしまいました。一人酒なのに(奥さんは飲まない人です)。 で、たいへん気持ちがよくなったので、マンションのお隣さんには届かないであ…

プラユキ・ナラテボーさんの「苦しまなくて、いいんだよ」読んだ。良書です。

プラユキ・ナラテボーさんの「苦しまなくて、いいんだよ」を読みました。 著者は、タイの田舎にあるスカトー寺でお坊さんをしているそうです。名前は超カタカナなのですが、日本人です。なんでも、NGOの活動でタイに行った時に、そのままタイで出家してしま…

ピエール・ルメートルさんの「天国でまた会おう」読んだ。う~ん。。。

ピエール・ルメートルさんの「天国でまた会おう」をようやく読み終えました。なかなかの長編だったので、図書館の返却期限すぎそうでドキドキしました。読み終わってよかった~。 そんな思いまでして読破した本作ですが、内容は「う~ん・・・」です。元々は…

ブログで書きたいこと、あるんだけどどうしても忘れるんだよな~

ブログに書く事がないって話をよく聞きます。実際僕もそう思っていて、確か昔「書く事がない」って事をネタにしたエントリーを書いた気がします(気のせいかもしれません)。が、僕に限って言うと、書く事がないというのは正確ではありませんでした。正しく…

Kindle本セール本、衝動買いしないために気を付けていること

最近買ったFire TV Stickもいい感じで、ますますAmazonに依存しています。そもそも、Amazonを重宝するようになったきっかけはKindleでした。初期のPaperwhiteも持っているのですが、こちらは動きがもっさりとしていて使いづらくお蔵入り。代わりに、iPad min…

今日もやりたい事をこなせずに終わってしまった…

このブログを書く事もなんですけど、本も読みたいしWebの勉強もしたいし株の勉強もしたいし(といいつつ今月は10万円以上勝っちゃってますありがとうございます!)写真の勉強もしたいしそろそろ脚も治ってきたので夕食後の散歩もしたいし軽い筋トレもしたい。…

有名人が不倫したとか心の底からどーでもいい

どーでもいいとか言いながらブログのネタにしている時点で、騒ぎに加担していることになるのはわかっているんですけど。。 乙武さん、不倫してたらしいですね。顔が割れてる上に車いす+腕と脚がなくて目立つのに、よく今まで隠してこれたな~と感心してしま…

すごく迷ってChromecastからFire TV Stickに乗り換えて2日目。今のところ正解だったと思ってる

twitterでもつぶやきましたけど、昨日、Chromecast(クロームキャスト)からAmazonのFire TV Stickに乗り換えました。そもそも、ChromecastとかFire TV Stick(面倒なので、以降はFireで)とはなんぞやっていう所を説明したいのですが、すいません、僕もそれほど…

外こもり人間なので、休日の雨はすこぶる辛い・・

今週末は三連休ですが、土曜と月曜は予定が入っているので、丸1日自由になれるのは日曜日のみ。そして、その日は降水確率がやや高め。降るか降らないかビミョーなラインのようです。 最近、足の痛みが大分やわらいできた事もあって(まだ痛みはある)、休日は…

そういえば僕は英語もITもできるのに全然稼いでないだぞ。おかしいな

アメリカの大学を卒業し(高校を卒業して渡米しました)、日本でプログラマとして約10年働いています。プログラマ、という所はシステムエンジニアと読み替えてくれてもいいです。そこだけ強調すると、僕はずいぶんグローバルエリートな匂いを放つなぁと先日ふ…

外国人向け(?)ユースホステルに併設されているカフェで時間つぶしています

特に外国人向けではないのかもしれませんが。。野暮用で新宿にいるのですが、ランチの待ち合わせまで時間があるので、適当にぶらついて適当なカフェに入りました。入口に英語で何か書いてありましたが、日本語でも何か書いてあったのでたぶん日本人もオーケ…

僕たちは3.11が近づくと3.11を思い出す

今日はきっと色々なテレビ番組で震災の特集が組まれ(見ていないので推測ですが)、ネットでも震災関係の記事やブログに溢れ(ここも含めて)、各地で震災関連のイベントが行われていたことでしょう。 単純な時系列でいうと、今より去年の11月1日の方が震災の日…

中3自殺問題でまた正義の味方達が暴走を始めた

※この記事は3月9日に書いているので、情報が古い可能性があります 中学三年生が冤罪で自殺してしまったことが話題になっています。そして、例のごとくと言いますか、ネットでは担任や学校に対する非難がごうごうとしています。さっそく、担任の個人情報がネ…

大統領が嫌で海外に移住ってすごいな。原発が嫌で沖縄移住もすごいと思ったけど、アメリカ人はスケールが違った

http://blogos.com/article/165026/ ドナルド・トランプさんの快進撃を受けて、googleで「カナダへ移住」と検索する人が超増えているそうです。なんというワイルド。「大統領嫌いだから外国に引っ越してやったぜ。ワイルドだろ~」ってことですかね?原発事…

店頭でのスマホの契約は面倒くさいんだけどオンラインで全部できないものか?いやもしかしてできるのか?

it

今日、奥さんのスマホを買いに行ってきました。無事契約できたし、対応してくれた店員さんも丁寧でそれ自体に不満はなかったんですが、時間がどうにもこうにも長すぎる。はっきり覚えてませんけど1時間以上はかかりました。キャリアはauなんですけど、auが特…

IT業界での鬱病というのは、戦場での戦死みたいなものなのかもしれない

この間、原作を読んで映画を見た「ツレがうつになりまして」をふと思い出しまして。一人で勝手に納得したのが「この業界のうつ病っていうのは、戦場で人が死ぬようなものなのかもなぁ」という事でした。雇用形態にかかわらず、10年以上ITエンジニアとして色…