読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『日本の論点 』読んだ

大前 研一  著

2006年からプレジデント誌で連載しているコラムを加筆・修正したもの。

本書の始めと終わりにそれぞれ対談記事も1本ずつ掲載されている。

対談を除くとコラムは全20本。

表紙にもあるように、消費税・憲法改正景気対策TPPなどその時々の時事ネタに対する著者の意見が述べられている。

「ビジネスマンはこのレベルの知識を持ちなさい!」

とあるけど、ごめんなさい僕は全然知識不足です。。

正直、氏の主張が正しいのかもよくわからず、ただただ

「この人よくこれだけ色んなジャンルの知識を身につけてるなぁ」

と感心するばかり。

でもプロフィールを見ると納得。

MITで博士号とってマッキンゼーに勤めたエリートなんですね。

しかも、エコノミストっていう英国の雑誌では、世界のグールー(思想的指導者)17人に選ばれた事もあるとか。

 

全体的な彼の考え方はとにかくアグレッシブにイケイケドンドンで、って感じです。

色々変えていこうよ新しい事やっていこうよという姿勢。

国家レベルの話がメインなのでいまいちピンと来ない事が多かった。(ほんのタイトル的に当然なんだけど)

 

頭のいい人はこういう風に考えるんだ凄いなー俺も色々勉強しないとなーという刺激は受けました。

あとは、この気持ちが続く事を祈るばかり。