読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格否定派だった自分が35歳になって資格を取得した理由

自分はフリーランスでいわゆるシステムエンジニアをやっているわけですが、
「資格なんて現場では何の役にも立たない」
という考えで、サラリーマン時代から今まで資格を取ったことがありませんでした。
が、今回考えを改め、初めて資格をとりました。

 

資格が現場で役に立たないという考えは今でも変わりません。
では、なぜ資格をとったのか?


いずれサラリーマンに戻るためです。

 

一昔前、SE35歳説なんて言われていた頃よりはましですが、それでも40歳すぎてエンジニアをやるのは難しいと思っています。
ITでこれからも食っていくのなら(実はそこも迷っていますが)、数年以内にサラリーマンに戻ってマネージメント職の道を選ぶ可能性が高いです。


その時に、形のない技術力というものを企業にアピールするのは難しいです。
自分が作ったものを見てもらうという手もあると思いますが、ベンチャー企業ならともかくほとんど企業でそれがどこまで評価されるか疑問ですし。
それなら、とりあえずは技術力(知識)を客観的に保証してくれる(と多くの人が思っている)資格を使ったほうがいいと考えたわけです。

 

現場で役に立たない資格のための勉強に時間を使うのはもったいないですが、そもそも空き時間を有意義なことに使っているわけでもないので、それなら資格の勉強してもいいかなと。
あとは、勉強する意思はありますよという向上心アピールですね。

 

今回、資格を取得して知ったんですけど、合格するとすごい嬉しいですね。
資格マニアな人の気持ちがちょっとわかりました。(笑)

 

 

ちなみに今回合格したのは「情報セキュリティスペシャリスト」というものです。
全然セキュリティのプロになった気はしませんけど(笑)