読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑でたくあんを漬けました

時間のある週末は、千葉の農家さんのところで畑仕事を体験させてもらっています。
今は冬ということであまりやることもないのですが、今回は
大豆の殻剥きをちょっとやってから、畑で採れた大根を使ってたくあんを漬けました。
※僕はほとんど見ていただけですが

f:id:kazk1979:20150117100103j:plain

 

まず、糠(ぬか)と塩と砂糖とたくあん漬けの素とかいうものを混ぜます。
次に大きな容器に糠を混ぜたもの(以下、糠で統一)を一センチほど敷き、その上にあらかじめ干しておいた干し大根を乗せます。
この時、できるだけ大根の間に隙間ができない方がいいそうです。
隙間ができてしまった場合、大根の葉を詰めます。
なぜ隙間を空けない方が良いかというと、隙間ができるとそこに糠がたまってしまい、その部分だけ味(成熟具合)が変わってしまうからだとか。
なるほどですね〜。
※と聞いていたのですが、調べてみたら「空気に触れさせない方が美味しくできる」という意見もあるようです

f:id:kazk1979:20150117115953j:plain

 

大根を敷き終わったら、上から糠をかけ、その上に別の大根を乗せる、、の繰り返しです。

乾燥した(長い間干した)大根はなるべく下に置きましょう。
乾燥していないものほど早く完成(?)するので、上から順番に取ることを考えるとこの順番が良いそうです。


見ていただけの自分が言うのもなんですが、作業自体は結構簡単でした。
家庭用に糠や塩や砂糖やらを事前に混ぜてあるものも売られているそうです。
数週間もあれば完成するみたいですし、家で挑戦するのもありですね!