読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手前味噌のカビは当たり前。むしろ味があって良いぐらいの勢い

数年前、味噌作りのイベントに参加していわゆる手前味噌というものを作ったのですが、これが美味いのなんの。
初めは味噌汁に大豆の粒(味噌つくるときに潰しきれなかった欠片)が入っていて違和感あったのですが、なれるとこの粒すら愛おしい。
粒がない味噌汁に物足りなさを感じるようになってしまいました。

 

ただ、味噌になるまで10ヶ月ほど漬けておかないといけないので「来週食べたいから今日漬けておこう」とはいかないんですよね。

そこで、当時の味噌作りイベントを主催した農家さんに味噌を売ってもらいました。
その写真がこちら。

f:id:kazk1979:20150117223007j:plain


うん、すごいカビです。
一体いつの味噌なんでしょう?
自分が作った味噌はこんなに生えてなかったぞ?
でも、基本カビは表面に生えているのでその部分を捨ててしまえば問題ありません。
もし中にも生えていたら、その部分を捨ててしまえばやっぱり問題ありません。

 

このカビを見ながら、最近の食品異物問題をなんとなく思い出しました。

 

久しぶりの手前味噌の味噌汁、楽しみです。