読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンに戻ろう。副業は難しい?

仕事

実は最近、転職活動を始めました。

フリーランスシステムエンジニアを辞めてふつーのサラリーマンに戻ろうと思っています。まあ、10年間の社会人生活で既に3社経験+現在フリーランスですからね。経歴は汚いです。しかも、職種はできればエンジニアではなくプリセールスという営業とエンジニアの中間的なポジションを希望しています。

さらに、年齢は今年で36。当然のように書類選考でばったばった切られていますが、当面仕事には困っていないのでいいところが見つかるまで焦らず急いで頑張ります。

 

今日のトピックはサラリーマンの副業についてです。

先ほども言った通り、自分の経歴はサラリーマンをやるには少々汚れすぎてしまっており、今から高級ホワイト企業でうはうは、というわけにはいきません。まあこんなご時勢なのでどこへ行っても不安はついて回るのでしょうけど。

となると、僕だけじゃなく多くの人が考えるのが副業です。今のうちから種まいておいて、サラリーマンになってからも副業という形で続けられないかと思ったのですが、、

 

そもそも会社って副業に良い顔しないんですね。。今まで興味なかったので知りませんでした。しかも理由が、本業に支障をきたすからとか愛社精神がどうこうとか納得できないものばかり。

でも、僕が納得しようがしまいが世の中がそうなっているなら合わせるしかありません。なんとか会社にばれずに副業する方法ないかなと思ってググってみたら、こんなページを見つけました。

 

merrybiz.jp

 

サラリーマンは基本的に年末調整ですが、フリーランスなどの自営業者は代わりに確定申告をすることで納税します。で、サラリーマンでも、副業で一定額以上を稼いだ場合は自営業者のように確定申告が必要になります。で、確定申告すると、サラリーマンとしての給与と副業の収入から住民税が決まってしまい、その額が所属している会社に伝わるため副業がばれるという仕組みのようです。

これを防ぐためには、確定申告書に記載されている(らしい)「住民税の徴収方法」を「給与からの天引き」ではなく「自分で納付」を選べば良いとのこと。ただしその場合、会社の年末調整とは別に自分で確定申告をしないといけません。(余談ですが、僕はフリーランスになって3回確定申告をしていますが今でも大の苦手で大嫌いです)

また、「自分で納付」を選んでも区市町村によっては会社に連絡が言ってしまう可能性があるので、あらかじめ役所に確認したほうが良さそうです。

 

まあ副業可の会社に入るのが一番手っ取り早いんですけど、面接で聞くわけにもいかないですしねぇ。。転職エージェントを通してきいても印象悪くなるでしょうしねぇ。。