読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルで効率化?

仕事では効率化効率化とよく聞きますが、プライベートでもデジタル製品(主にスマホタブレット)を使って効率化するぜ!という考えの人は結構多いと思います。特に、揶揄されることもある意識高い系なんかはそういう人多いんじゃないでしょうか。
僕は意識低い系ですが、プログラマーという職業柄かなるべくアナログなものを避ける傾向にありました。例えばノートはほぼ使いません。持ち歩くの面倒ですし、スマホのメモ帳があれば充分です。本は基本的にkindleです。ただし、技術書はどうしても紙媒体の方が勝手が良いので電子化しませんでした。ちょっと昔の小説なんか、図書館にいけば無料で読めますが新刊をkindleで買うようにしてました。図書館に行く時間が惜しいので。
ところが、最近使われていない紙のメモ帳があったので、何の気なしに使ってみたら逆に便利で驚きました。転職活動の自己分析するのに思い付いたことを書きなぐっただけなんですけど、縦横斜め自由に書けて便利なんですよね。消すのも2重線引けばいいだけですし。いかにアナログを排除するか、がいつの間にか目的になってしまっていたんですね。
図書館に行くことだって、往復を運動だと思えばべつに無駄な時間ではありません。そもそも本を借りることもできないほど多忙な訳でもありませんでした。

もちろん、デジタル製品は便利です。自分はスマホ良くわからないから、と敬遠している人を見るともったいないなぁと思います。アナログに固執している人はもう少しデジタルに目を向け、少し前の僕みたいな人がもしいれば、いつの間にか手段と目的が入れ替わっていないか考え直して見た方が良いかもしれません。

ちなみにこの文章は、ジムでバイクを漕ぎながらスマホでかいています。書き終わったら、iPadで本を読みます。