読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文学部不要とは思わないけど文系の学部は減っていい

「文学部は不要なの?」反発がおさまらない 立花隆さん、「日本はいずれ滅びます」 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

 

知の巨人立花隆。久しぶりに名前を聞いた気がします。一時期好きでした。今度図書館で彼の本を借りてみようかな。


と、そんな事は置いといて。文科省が国立大の文系学部の数を減らそうとしている、ということに対して各方面(特に文学部関係者)から反対の声が上がっています。

 

で、今回のブログの記事タイトルが僕の考えなんですけど、、多すぎでしょう文系学部。全然削って良いと思います。ちなみに僕は、国際関係学部という文系出身です。

 

国民の多くがなるであろうサラリーマンとしての素地は、理系のロジカルな考え方が役立ちます。僕のいるIT業界のエンジニアは、意外と人と話す仕事も多いので文系人間が必要、と言われることもありますがそれは間違いです。コミュニケーションは学部で学ぶものではなく、文系に進む人間は理系と比べると元々人と関わるのが好きというだけです。文系学部が減れば、コミュニケーションスキルを持った人達が自然と理系学部を選択するだけです。

 

文系学部の数を減らす代わりに、読書の時間を増やせば充分。文系の知識の殆どは、本を多読する事で身につきます。その上で、文系の学問を専門的に学びたければ文系学部を選べばいい。そうすれば、文系を選ぶのは逃げだとか文系の奴らは大学に行かないで遊んでばっかりだ、と言われる事もありません。

 

文科省には頑張って推し進めてもらいたいです。

 

 

今日の一枚。皇居。

f:id:kazk1979:20150919142441j:plain