読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスからサラリーマンに転身した最大の理由

覚悟してサラリーマンに戻ってもうすぐ3か月。未だにフリーランス時代を振り返り「早まったかな・・・」と思ってしまう事がある。

 

サラリーマンになって収入が結構落ちた。それだけでも痛いけど、もっとしんどいことが幾つかある。例えば有給に縛られるようになって、まとまった休みを取れなくなった。しかもその有給が支給されるのが入社6ヶ月後。ビバ、サラリーマン!そして、組織にも縛られるようになった。社会人になってたった10年間で、4社+フリーランス約3年も経験している人間なので、経歴は真っ黒。これ以上の転職は期待できない。となると、今の会社にしがみつくしかない。小さい会社なので、もし人間関係でトラブっても逃げることができない。

 

あと、ほとんどの日系企業と同じく、うちの会社は副業禁止。なので、ますます会社に依存するしかない。いんたーねっと情報によると、株は一般的に副業とはみなされないらしいので、なんとかそれでお小遣いアップを狙うのが今のところ精一杯。

 

上のことはサラリーマンに戻る時にある程度は覚悟していた。だけど、まさかサラリーマン縛りをここまで不自由に感じるとは思わなかった。昔の場所に戻るだけだと軽く考えていた。

 

一度違う場所を知っちゃうと戻るのは大変だ。でも、もうサラリーマンを辞めるつもりはないので頑張って慣れないと。

 

なぜ、そこまでサラリーマンに固執するのか。それが、今日のブログのタイトルにつながるんだけど、要するに「安定」。この一言に尽きる。30代のうちは、スキルがなくても経歴書にかける経験さえ積んでいれば、フリーランスのエンジニアとしてやっていける。そこそこなお賃金で。でも、40代になると実力がないと生き残れない。いくら、今時のサラリーマンは安定していないと言っても、フリーランスに比べれば全然安定している。特に結婚すると、サラリーマンの方が将来設計をしやすくなる。

 

とはいえ、会社に完全依存するのは怖いので、なんとか株の知識を蓄えようと今日も頑張ってインベスターZを読む俺であった。あとは、、宝くじか。。確率考えるととても買う気にならないけど。なんだかどんどん心がおっさんになっていくなあ。。

 

 

今日の一枚。太宰府の鯉。さすが太宰府は魚も賢そうに見える。

f:id:kazk1979:20141230104408j:plain