読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマであるなら、文系か理系かの違いは当然大きい

it 仕事

プログラマって何してるかよくわからないけど数学が得意な人が就く仕事でしょ?全体的にオタク臭が漂う感じの」というのが、プログラマに対する一般的なイメージなので、今日のブログのタイトルに対する一般的な反応は「当たり前じゃん」だと思う。だと思うのだけど、業界内では意外と「プログラマ続けるのに文系とか理系とか関係ないよ」という意見が多い。ここでいうプログラマというのは、お客さんとお話ししたり設計書を書いたりするかは問題ではなく(やっててもやってなくてもいい)、単純にプログラムを書くという業務を担当する人を指している。

 

文系も理系も関係ない、という意見が業界内で多い理由の根拠の一つは、文系出身のプログラマがそれなりに多いからだと思う。でもそれって、将来的に担当するであろう顧客折衝やプロジェクト管理に対する能力を見込まれてなんだよね。IT業界の構造は、まずはみんなプログラミングやテスト業務から入って、経験を積むごとにシステム設計やプロジェクト管理業務にシフトしていくのが一般的。つまり、年齢を重ねるごとに自然とプログラミング担当からは外れる。「俺は一生プログラミングをやっていくんだ!」という職人気質な人もいるけど、それは一般的なキャリアパスではない。

 

そういう構造の中で文系プログラマがやっていくことができるのは、将来的な業務を見越してのことで、決してプログラマとして理系出身者に引けを取らないからではない。その証拠に、30代以降でフリーランスのエンジニアをやっている人は圧倒的に理系が多い。それは、プログラミング能力で食っていける自信のある人は理系が多いから(フリーランスのエンジニアは年齢に関係なくプログラミングスキルを求められることが多い)。

 

他に「大学で学んだ数年間の差なんて社会にでれば関係なくなる」と言う人もいる。この意見がなぜ正しくないかというと、文系か理系かの差は大学時代の4年間(もしくは5年、6年。・・7年?)で学んだ内容でつくわけではないから。そもそも、理系が得意か文系が得意かで学部を決めているわけで、つまり理系出身者はもともと理系分野へのセンスがある人が多い。なので、大学で情報処理を学んでいたか物理学を学んでいたかは大きな問題にはならないけど、数学を選んだか歴史を選んだかというのはプログラマとしての資質としては大きく変わる。

 

ちなみに俺が大学時代に専攻したのは国際関係学部。そして36歳プログラマ。身をもって理系出身者との壁を実感している。この歳になっても。そして、オタク臭がするかは自分ではわからない。

 

今日の一枚。新橋。

f:id:kazk1979:20150920134204j:plain