読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のできないサラリーマンは悪

3年くらい個人事業主(フリーランス)やってる間にすっかり忘れていました。久しぶりですこの感覚。この「会社の足を引っ張るダメ社員でごめんなさい」って感覚。


会社の外に出ちゃえば関係ないんですよね。たとえ、僕担当の設計書がなかなか出来上がらなくても、僕が作ったプログラムにバグがあっても、仕事帰りに立ち寄ったコンビニのおねえちゃんは僕になんの不快感を抱かないわけです(見た目で不愉快に思われてる可能性はあるけど)。


職場だと価値観が全く変わります。僕が信号無視しても特に文句は言われませんし、困ってる外国人に道教えてあげたんですよーって自慢しても、プラスにはなりません。ちょっと極端なことを言うと、犯罪さえ犯さなければ、仕事ができるかできないかで評価が決まる空間です。もし、性格の良さが評価されるとしたら、それは性格自体ではなくその性格が仕事を進める上でポジティブに働くことを評価される訳です。


長々と当たり前の事を書きましたが、仕事ができない社員というのは、仕事の成果が唯一の価値である会社では悪になるのです。そして、プログラミングが苦手なプログラマーな僕はあの空間では悪なわけです。たとえ、通勤ラッシュでおばあちゃんに席を譲ったとしても。


そんな会社や社会を間違っているなんて思いません。ただ、個人事業主時代を懐かしく思ってしまうんです。あの頃は開き直ることができました。スキルが足りない自覚は当時もありましたが、お客さんは3ヶ月毎の契約更新のタイミングで僕を簡単に切ることができるのです。契約更新したってことは僕の働きに納得してくれたんでしょ?と思いながら働くことができました。もちろん一生懸命働きました。契約に含まれていないような仕事もやりました。


今も同じくらい真面目に働いてはいますが、同僚の「なんでこんなこともできないの?」って雰囲気を感じながら仕事するのがストレスになっているんですねきっと。正直、上司も僕をとったの失敗だと思ってるんでしょうけど、僕もそう簡単に転職を繰り返すわけにはいかないのでしがみつくしかないんです。いやー、ホントにすみませんとしか。。


いっそうの事、2対6対2の法則を盾に「組織には必ず足手まといがいるものなのだ」と開き直ることができれば良いんですけどねー。


あと、僕みたいなエンジニアのせいで業界で技術者が軽くみられるんだって意見にもスイマセンって感じです。今さら職種変えられないんで。。