読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle本セール本、衝動買いしないために気を付けていること

雑談

最近買ったFire TV Stickもいい感じで、ますますAmazonに依存しています。そもそも、Amazonを重宝するようになったきっかけはKindleでした。初期のPaperwhiteも持っているのですが、こちらは動きがもっさりとしていて使いづらくお蔵入り。代わりに、iPad miniをリーダーとして使っています。話はそれますが、逆にiPadKindle本を読む以外の用途では全く使えず、実質的に読書専用端末に成り下がってしまいました。読書用端末としては値段高すぎです。。今使っているiPadが壊れたら、次はまたPaperwhiteに戻ろうと思っています。使い勝手が良ければですけど。


話をKindle本に戻します。
Kindle本は、定期的にセールをしています。例えば日替わりセールでは、毎日決められた1冊を格安で買うことができます。他にも、月替わりセールやセレクト25というセールがあり、いずれも価格値下げ or ポイント付与の形でユーザが割安で本を購入することができるようになっています。


僕にとって、日替わりセールをチェックするのは当たり前。毎朝amazonアプリで、日替わり本をチェックしています。幸か不幸かあまり刺さる本がないので、今のところはそれほどお財布の負担になっていません。問題は月次セールやセレクト25です。この2つのサービスは対象の本が複数あり、それらがリストで表示されるせいで、ついぽちぽち買いすぎてしまうんです。おかげで、見た目ではわかりませんが、僕のiPadには積ん読状態になった本の山が。。


貧乏な僕には手痛い出費なので対応策を考えました。
それは、面白みも何もない方法ですが「気になる本は図書館で借りる」です。なんか、昔同じようなことを書いた気がしますけどまあいいです。本当に有効な方法なので何度でも書きます。セール本って出版日が少し前のものが多いので、結構図書館に置いてあったりするんです。なので、気になる本はリスト化しておいて、図書館で借りるようにしています。


僕が、今でもkindleで本を買うケースは、セール本に限らず大体↓に大別できます。
図書館にないor予約数がおおいけど、気になるのでどうしても読みたい
・好きな作家で何度も読むことが分かっている (今のところは村上春樹ぐらいですけど)


おかげで、ここ数か月は書籍代がだいぶ安く上がりました。同じようなことで悩んでいる方はぜひお試しを。あと、悩んでいなくても本好きなら図書館をフル活用することを意識すると、今よりも財布にやさしい生活を送れるようになると思います。


そーいえばこれ書いていて思い出しましたけど、月が替わったから、また本を一冊無料で買えるんでした。プライム会員ありがたや~。って、先月無料で買った、ちきりんさん(http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/)の本もまだ読んでないんですけどね(苦笑)