読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣」読んだ。う~ん。。

www.amazon.co.jp

 

 著者は新井直之さん。長年、大富豪の執事を務めており、自身も日本バトラー&コンシェルジュ株式会社という会社(会社名から察するに、おそらく執事の派遣会社)の社長さんです。本書は、著者が執事という仕事を通して発見した、成功者に共通する58の習慣が紹介されています。


それぞれの習慣に対する解説が3ページと短いこともあってか、内容が浅く読み応えがあるとは言い難いです。残念。。文章の構成としては、まず習慣が見出しとして紹介され(例えば「負け戦をなさいません」、その後、約3ページに渡ってその習慣の説明文が書かれています。そして、その見出しと説明文のセットが58回繰り返されています。今、例に挙げた「負け戦をなさいません」もそうなんですけど、見出しの一文を読むだけで、説明文の内容が想像できてしまうんですよね。そして、その想像は大体において大きくは外れていない。つまり、こちらの想像を超えて「おお!」と驚きをもたらしてくれるものがないんです。


時間があるときに、ぱらぱらっと一回斜め読みすれば充分ですね。自己啓発に興味がある人は、amazonの紹介に書いてある「見出し例」を見て、面白そうな習慣がいくつかあるようなら購入してもよいかもしれません。(見出し例として、本書に書かれている10の習慣が紹介されています)


kindleでセールやっていた+amazonの評価が低くなかったので購入を考えたのですが、図書館で借りてよかったと僕は思いました。