読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「「Chikirinの日記」の育て方」読んだ。僕はこの本好きだけど読者を選ぶな~。

www.amazon.co.jp


著者は、ネット界の超有名人Chikirinさん。おちゃらけ社会派ブロガーを自任しており、確かにブログの文体は柔らかいのですが、内容は濃い~です。濃すぎて(そして長すぎて)、僕はたまにざっと流し読みする程度ですけど、好きですちきりんさん。ずっと超一流外資系企業で働いていただけあって、文章から頭の良さがにじみ出ています。


本の話に移ります。タイトルに書いた通り、この本はかなり読者を選ぶと思います。
1. ちきりんさんのファン
2. ブログなどネットでの情報発信に興味のある人

具体的には、少なくとも上2つのどちらかに当てはまらないと、まず興味を持たないでしょう。僕はどちらにも当てはまるので楽しめましたが、果たして、本屋のお客でこの条件に当てはまる人がどれだけいるか。売れたのかなぁこの本。余計なお世話か・・。


本の内容は、ちきりんさんがブログを始めたきっかけからブログの人気が上がってきた経緯、そして彼女のブログに対する想いなどが書かれています。ちきりんさんと言えば、有名になった今でも匿名を貫いている事で有名ですが、その辺りの理由も書かれています。

 

本人の作中で述べている通り、彼女がブログを始めた時期と今では、ネットを取り巻く環境が全く違うので、ちきりん日記の軌跡を真似してもうまくいくとは限りません。ネットの世界は本当に変化が目まぐるしい・・。この本は、売れるブログを書くためのハウツー本ではなく、超有名ブロガーがどういう気持ちでブログと向き合っているかを楽しむものです。ハウツー本を求めているなら、イケダハヤトさんの本を読んだ方がいいんじゃないかな?


最後に、この本を読んで強く印象に残った内容を紹介します。(引用ではありません)
・昔から日記を書く習慣があった
・日記は、自分が考えたことを記録に残すのが目的だった (「今日何をした」ではなく「今日何を考えたか」)
・ずっと日記を書き続けていたから、ブログという名の日記が他人に読まれることが驚きだった

 

素養があるのは前提として、やっぱり努力なんですね。日記を書き続ける事が将来役に立つとは想像していなかったでしょうし、日記を書く事を「努力」と称されるとも思わなかったでしょうけど。