読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『オーデュボンの祈り』読んだ。これがデビュー作!?面白い!

 

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

 

伊坂幸太郎まつり続行中。今回は氏のデビュー作「オーデュボンの祈り」の読書感想文。
まずは、wikipediaに書いてある内容を抜粋。

主人公、伊藤のコンビニ強盗から物語は始まる。伊藤は気付くと、見知らぬ島にたどり着いていた。その島は荻島といって、江戸時代以来外界から鎖国をしているという。島には、嘘しか言わない画家や、島の法律として殺人を許された男、未来の見える、人語を操る案山子などがいた。

しかし伊藤が来た翌日、案山子はバラバラにされ、頭を持ち去られて死んでいた。伊藤は「未来がわかる案山子はなぜ自分の死を阻止できなかったか」という疑問を持つ。 住民から聞いた「この島には、大切なものが最初から欠けている」という謎の言い伝え。 案山子の死と言い伝いの真相を追う伊藤の数日間を描く。


内容は、、面白い。これがデビュー作とは。。恐るべし伊坂幸太郎。いや、もうストーリーの序盤から「???」状態で。誰にも知られていない鎖国状態の島とか、そこにいる未来がわかるしゃべる案山子(かかし)とか。「この話をどうやって進めてどうやって終わらせるの?てか、これらの意味不明な設定は最後には解けるの??」と、ワクワクしながらページをめくった。


現代の日本に鎖国状態(で、島民以外はその存在すら知らない)の島があるという設定はまあありだとして、案山子がしゃべる、しかも未来を予知できるってどういうことだと。一見、だけでなく二見三見しても、しゃべる案山子というのはぶっ飛んでいるんだけれども、この不自然な設定が小説の邪魔になっていない。いつの間にかそんな案山子の存在をごく自然に受け入れて、話を読み進めている自分がいるわけです。


先日の「アヒルとカモのコインロッカー」とは逆だなー。あっちは中盤までつまらなかったけど、終盤かなり盛り上がった。「オーデュボンの祈り」は、しょっぱなから面白かったけど、終盤は「アヒル~」ほどのインパクトはなかった(僕にとって)。


とは言ってもこれ、デビュー作なんだよなぁ。いやホントにすごい。。