読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説なんてなんの役にも立たねえな!って思いながら、本読んでる

今は、伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」っていう本を読んでいる。読み終わったら、いつも通りここに感想文を書く。


今日書きたいことは本の紹介ではなくて、小説って本当に役に立たないなぁということ。同じ小説でも、古典文学とか読むとまた違うのかな?


古典文学と言えば、この間Kindleで夜明け前とアンネの日記をダウンロードした。まだ読めてないけど。夜明け前は無料だった。夏目漱石もとか森鴎外も読んでみようと思ってる。学生の時以来だから、きっと全然覚えてないだろーな。


今挙げたような本を読めば役に立つのか?そもそも、今あげたのは古典文学なのか?そもそも、どこからが古典なのか?文学と文学じゃない小説の違いはなんなのか?


まあ言葉の定義はどーでもいいんだけど、夏目漱石とか読んでもなんの役にもたたないと思っている。それでも読むのはまあ、その本が好きだからだったり興味があるからだったりするんだけど、正直、読書なんて役に立たないものに費やす時間は減らして、その分有意義な事に使いたい。


そう思って「副業」とかでググるんだけど、やれそうなのないんだよなぁ。。また、図書館で「BIG TOMORROW」をまとめ読みするか。。


む~ん。。