dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」読んだ。伊坂作品の中ではびみょーかな・・

 

ラッシュライフ (新潮文庫)

ラッシュライフ (新潮文庫)

 

 

今回読んだ伊坂幸太郎作品は「ラッシュライフ」。まずはwikipediaから。


若い女性画家。泥棒を生業とする男。父親を自殺で失い神に憧れる青年。不倫相手との再婚を企むカウンセラー。職を失い途方に暮れる男。いくつものストーリーが絡み合い、物語は意外な展開を迎えてゆく。


こういうのはオムニバス形式っていうのかな?wikipediaの説明にも書いてある5人を主人公としたストーリーが同時並行で進んでいって、最後には彼らが微妙に絡み合う。昔紹介した「アイネクライネナハトムジーク」にちょっと似ているなー。登場人物が多すぎて把握しきれなかったところも…。


章が変わるたびにストーリーが変わるから、人の名前を覚えられない僕にはちょっとつらかった。伊坂幸太郎作という事で、話自体は面白いけど、これまで読んできた彼の作品と比べると見劣りする。良かったところを上げろと言われれば、泥棒の男のセリフ回しが面白かったな。陽気なギャングの泥棒みたいで、、って、あの話は登場人物泥棒ばっかだけど(笑)。陽気なギャングのリーダーやってた人と話がやたら上手い人みたいで良かった。伊坂幸太郎さんは泥棒に思い入れでもあるのだろうか?


あと、しゃべるカカシの話がちょっとだけ出てきてくすっとなった。「オーデュボンの祈り」ですね。僕が気づかなかっただけで、他にも小ネタがちりばめられているんだろーなぁ。