読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男だけど、子供が産まれた後のダイエット方法を今から考えている

いわゆるビール腹というやつで。遅ればせながら始めた運動ダイエットが習慣化してきたかなと思い始めた頃に、奥さんの妊娠が発覚。今はもっぱら「通勤時のウォーキング+ジムの筋トレ」で脱デブを狙っているのだけれど、子供ができるとこの方法は使えなくなると考えている。


理由は2つ。1つ目は、育児のためにできるだけ家にいたいので、徒歩通勤やジム通いをしたくない。そして2つ目は、こっちが主なりゆうなんだけど、子供が産まれたら小遣いが1万円少なくなります通告を受けたから。今は小遣4万円のうち1万円をジム代に使っているのが3万円に減るらしい。なので、子供が産まれたらジム通いをやめる。そしてジムは、筋トレだけでなく、通勤ウォーキングの後に職場近くで汗を流す場所としても活用しているので、ウォーキングもできなくなる(ちょっと涼しいかな?というレベルでも、真面目に歩くとそれなりに汗ばむんです)。


安定期に入ったら引っ越す予定なので、そのタイミングでジムも解約するつもり。引っ越し後も出産まで期間はあるけれど、その時間で自宅ダイエットを試してみようと思っている。


自宅ダイエットについては暇な時に色々と調べていて、昨日やっと自分なりにまとまった。ので、このブログにメモ代わりに書いておくことにしました。


まず前提として、家賃を抑えるために狭い部屋へ引っ越す予定なので、普通のルームランナーやエアロバイクは置けない。でも、調べてみると折り畳み式のエアロバイクというものがあるらしい。2万円ほどでそれなりに使えるバイクが手に入るらしいので、いったんはそれに決めかける。音や耐久性が気になるけれど、レビューを読む限り何とかなりそう。


若干引っ掛かるのが、2万円という金額。2万円なら、ジムやめてから子供ができるまでの間に毎月もらえる4万円の小遣いでカバーできる。けれどもし、子供が産まれてバイクなんか漕いでいる暇がなかった場合、無駄な出費になってしまう(売れば多少は手元に戻るけど)。使わないかもしれないものに2万円も払う勇気はない。それに、生後数か月もしたら、赤ちゃん連れて出勤前に散歩できるようになるかもしれないし。さらに、2~3万円くらいする懸垂マシンの購入も考えているので、無駄な出費は抑えたい(さすがに、赤ん坊いても懸垂する時間くらいは取れるでしょう)。「懸垂マシンは室内干しにも使えるから」という事で家計の金を使ってもいいんだけど、そして多分奥さんは反対しないだろうけど、あくまでメインは僕の懸垂用だから自分の金でカバーしたい。


そこで、室内で金をかけずにできるダイエット方法をさらに調べた。あ、ビリーとかはダメ。有酸素運動は「スマホや本を読みながらできる」ことが条件なので。そして、乳飲み子を気にしながらビリーやってもビクトリーできなさそうなので。


調べて出てきたのが、もも上げと踏み台昇降踏み台昇降は、専用の台が2000円くらいから売っているらしい。数千円くらいなら出せる。もも上げに至っては無料。試しに今朝、部屋でスマホをいじりながらもも上げを30分間やってみたけれど、特に問題なさそうだった。ただ、タブレットを持ちながらは難しいかもしれない。スマホkindle本を読むとかスタンディングデスクとかいうものを買うとか、対策を考えた方が良さそう。踏み台昇降はまだ試してないけど、今の部屋に丁度よい段差があるので今度試してみるつもり。


まとめると、産後の筋トレ用にダンベル(もう持ってる)と懸垂マシンを用意して、ダイエット用に踏み台昇降とスタンディングデスクを用意すればよさそう(もも上げオンリーなら何もいらないかもしれない)。小遣いの範囲でなんとかなりそうで良かった。


あとは有酸素中にスマホでどう時間を潰すかだけど、これについては別エントリーでまとめる予定。