読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文を書きたい気持ちと書きたくない気持ち

空き時間を見つけては本を読むようにしている。そして、せっかくなので、ここに感想文を載せたい気持ちはある。今まで、何冊分かの感想文を実際に載せてるし。


でもそれ以上に、書くのめんどいと思う自分がいる。何がそんなにめんどいのかをちょっと考えてみたんだけれど、多分、意見をまとめるのが面倒なんだと思う。


頭が良い人の事はわからないけど、少なくとも僕は「あ、ここ面白いな」と感じたフレーズがあっても、大体、読後には忘れている。かといって、メモを取りながら読むのは煩わしい。Kindleだと気に入ったページをワンタッチで登録できるけど、読書中はそれすらダルい。そして読後にそこを読み返すのもダルい。そんなことをするよりも、次の本へ進みたい。


論文を書くわけでもなく、ただ好きで読んでいるだけの本なので、読書という行為の妨げになる事はしたくない。本を読んで得ることなんて殆ど無い。そして数少ない成果も、何かの拍子にたまたまポロっと出てくるものであって、無理に見せる必要はない。なので、感想文を書く気になれない。


といいつつ、、載せたい気持ちもあるんだよな~。。面白い書評って読んでいてすごく楽しい。そして、そういう文章に憧れる。