dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

そろそろ父親になるわけだけれども、ムーニーCMへの批判を読んでいると、、、

奥さんも奥さんの中にいる子供も順調で、このままいけば夏には人生初の父親になる。そんなこの時期、奥さんにムーニーのCM騒動を教えてもらった。


で、CMを観た。ネット上の意見やニュースの記事も読んだ。


まああれです。今は自分も育児をやる気満々だけれども、先人の父親たちがこうも育児に参加していない(できていない?)のを見ると、結局我が家もこのCMのようなワンオペ育児になってしまうのだろうか・・?


オスという生き物がそもそも育児に気が乗らないようにプログラムされているのかというと、そういうわけではなさそう。欧米では、昔はともかく今は男も育児に積極的だと聞くし。聞くだけで、実際のところどうなのかは知らないけれど。なら、文化的なものなのか?家の事は女性に任せるべきという意識が、まだまだこの国では強いせいなのか?意識の問題であるならば、自分の世代やその下の世代、つまり30代以下は、大分「男も家事育児に参加すべし」という意識は強いはず。なのになぜ、未だにワンオペ育児問題がなくならないのか。


仕事かなやっぱり。女性は育休中に育児スキルがぐんぐん上がって、男はそれについていけなくなる。しかも残業が多いから、平日の夜、育児に参加する余裕がない。なので、職場復帰して同じように仕事で疲れてはいても、育児スキルが圧倒的に高い奥さんに頼ることにある。という事は、女性側は「夫は育児をやらずに家事ばかり。家事なんて育児に比べれば全然楽なのに!ずるい!!」と不満を募らせているのか。

 

実は、「育児をしない=何もしない」ではなく「育児をしない=(育児に比べると楽な)家事しかやってくれない」という不満なのか。もしそうなら、、自分もそうならない自信はない。。それとも「いやそうじゃないんだ。男は家事も育児もやってくれないんだ!」という事なのか?そうなるとまた「なぜ?」となる。「なぜ夫は育児だけでなく家事も妻に頼るのか」と。


まあ、実際にやってみれば、この疑問の答えがわかるんでしょう。

 

自分は、結婚したタイミングで今の会社に転職したのだけれど、その時に「将来の育児とかのことも考えて、残業が少ない会社を選ぼう」と話し合って今の会社を選んだ。あれから1年半が経った今、喜ばしい事に残業時間はやっぱり少ない。平均すると、月に10時間いくかいかないかレベル。給与面や仕事内容については思う所があるけれど、この残業の少なさが、ようやく役に立とうとしている。


家事も育児もする気はあるし、残業時間も多くない。この状況で子供ができたときに、自分はどうなるのか。もし、そんな自分が家事育児を充分にこなせないようなら、その時改めて、ワンオペ育児がなくならない理由を男側の意見として書き込もうと思う。

 

・・・それまでにブログを止めている可能性が高いけれど。