dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

「イマドキ20代が余暇を優先する理由」という記事を読んで

記事の正確なタイトルは『「休めないなら辞めます」イマドキ20代が余暇を優先する理由』。で、記事はこれ。

https://dot.asahi.com/wa/2017060200048.html


知り合いの20代後半の知人に、記事で紹介されているエピソードについてどう思うか聞いてみた。
そのエピソードというのは、入社半年の新人社員が旅行のために有給を申請したら上司に注意されたというもの。僕はアラフォーオヤジで20代とはかけ離れたところにいるけど、入社一年目から残業大嫌いな意識低い系だった。結局は、電車に飛び込みたくなるほど追いつめられるまで仕事をしちゃったけど・・。そして、今も残業は反対派。そんな僕の感覚では、この上司がおかしい。国と会社が認めている権利をあなたが拒否することはできない。一方、知人の考えは違っていて、「その新人部下が遊ぶために自分が残業してカバーする事を考えると、正直良い気はしない」らしい。


社会人経験を重ねるごとに、彼のような考えをする人が増えていく気がする。ネットでは割と僕に近い考えの人も多いけど、いわゆるサイレントマジョリティを含めると彼の意見の方が全然多いんだろうな、と感じる事が多々ある。いわゆるバブルを経験してる上の世代じゃなくて、同年代を見渡しても。


色々な考えを持つ人が組織には必要だと思うけど、国や会社が認めた権利は気持ちよく行使したいなぁ。


でも今思ったんだけど、僕は仕事ができない事を憂いている一方で残業はしたくないと主張している。これは、、我がままなのか。。