dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

なんだよkindleで買わなくても図書館に本あんじゃん

 小遣いのやりくりに四苦八苦している割に、kindleのタイムセール品を眺めるのが好き。欲しいのがあればもちろん買う。

 

セール情報は、このキンセリってところで探すことが多い。
もしくはイケダハヤトさんのブログ。

 

今日は、KADOKAWAの書籍がkindleだと紙より30%以上オフになってるセールを眺めた。


セール品の中で興味があったのは2冊。
八木澤高明って人の『娼婦たちから見た戦場-イラク、ネパール、タイ、中国、韓国-』

www.amazon.co.jp

溝口和洋っていうやり投げ選手について書かれた『一投に賭ける』(上原 善広)

www.amazon.co.jp


『娼婦~』は、紙が1836円でkindleが1285円。『一投~』は、紙が1728円でkindleが1210円。どっちも30%オフ。だけどちょっと待てよと。『娼婦~』の方はよく見ると、346円+257円(送料)で中古を買える。紙の方が全然安い。一方、『一投~』の中古は1199円+257円(送料)だから、読み終わった後に売る事を考えても安くはない。これは、、『娼婦~』は中古で買った方が断然お得じゃないのか?と。


だけどちょっと待てよと。


これ、もしかしたら図書館に。。と思って図書館のサイトで調べたらありました2冊とも。無料で2冊ゲット。今まで本はキンドルでと考えていたけれど(かさばらないから)、これからは

 

面白い本を見つける→図書館で検索する→図書館になくて中古が安ければ中古→中古が高かったらkindle


の流れが良いかなと思いました。中古はもちろん読み終わったら売る。で、読み返す価値があればkindleで買う。

 

金使わなくて済んでよかった~。