dake008’s blog

アラフォー男子です。内容が中二病的だから、知人には読まれたくないし自分で読み返したくもない。そういうブログです。

人より頑張っているのに「お前は頑張りが足りない」と言われる世界

それはどういう世界かというと、自分が苦手な分野で頑張らないといけない世界。例えばディスレクシアという障害。知能には問題がないのに文字の読み書きができないらしい。この障害を持っている人は、どんなに努力をしても読み書きが苦手なので(改善はされるかもしれないけど)、学校の勉強は相当苦労すると思う。でもそれは障害が原因であって、彼らの努力が足りていないわけではない。


障害と診断されなくても、宿題は毎回きちんと提出して予習復習をやってもようやく人並み、という人はいると思う。そういう人達は、今の学校の学習内容があっていないんだと思う。余談だけど、僕は中学高校と勉強をしていなかったので試験の成績は悪かったけど、それは本気を出していなかっただけです。


で、自分の苦手な領域で戦わざるを得ない状況だと、どうしても周りからは努力が足りないと思われ、説教されたり見当外れのアドバイスを頂く事になる。職場での僕がまさにそう。年齢のせいかか注意される事がめっきり減ってしまったけど、教えてもらった事は今でもなかなか覚える事ができない。自分がダメリーマンの自覚はあるから、アラフォーを迎えた今でも、新人の時と同じくらいの頻度でメモを取るようにしている。それでも100%とっているわけではないから、わからない事が出てくる。人よりメモを取っていても人より答えられない。この忘れっぽさはプライベートでも変わらないので、なるべくアラームや手帳アプリを使って忘れないようにしている。


それと、ちょっと専門的な話になるけれど、仕事で自分が昔作ったプログラムの仕様を覚えていない事がある。「あそこってどういう仕様だったっけ?」と聞かれても、ソースを読み返さないと覚えていない。そんな僕に「言われた事をただやるんじゃなくて、なぜそういう仕様なのか考えながらやらないから忘れるんだよ」という人が昔からいる。でも、僕は考えながらやっているつもり。答える事ができる場合もあるわけだし。こんな事職場では絶対に言えないけど、自分はものを覚えておく能力が人よりも劣っているんじゃないかと、最近は疑っている。


別に嘆いているわけではなくて、能力の問題で皆と同じ事をできない人がいるって事を理解して欲しい。こんなことをリアルで言っても甘えだとお叱りを受けてしまうので、ここでひっそりと吐き出し。

 

ちょっとすっきりした。